ウォーターサーバーのメンテナンス方法は??

ウォーターサーバーはメンテナンスが不可欠

ウォーターサーバーのレンタルを検討するとき、ウォーターサーバーのメンテナンスについて気になる人も多いと思います。
ウォーターサーバーは電気を使う家電と同じくくりになるので、どのようなメンテナンスが必要になるのか。あまりにメンテナンスに手間がかかるのはイヤだなぁ・・・なんて考えてしまいますよね。
そこで、今回はウォーターサーバーのメンテナンスについてまとめてみました。

メンテナンスは安全のため

まずは、ウォーターサーバーのメンテナンスがどうして必要なのかについて。
ウォーターサーバーをレンタルしたら、毎日使う生活必需品になることでしょう。そうなると、汚れなどが発生します。
ウォーターサーバーを飲料や料理などに使う場合、汚れているサーバーからお水を使うというのはちょっと気が引けちゃいますよね。
ウォーターサーバーのコック部分はもちろん、ウォーターボトル交換の際は、お水の吸水口もきれいにすることが不可欠です。
そして、ウォーターサーバーは電気を使います。
プラグ部分にホコリがたまってしまうと火事の原因になってしまいます。こちらも定期的にコンセントを抜き、掃除機などを使いホコリがたまらないようにメンテナンスが必要です。
ウォーターサーバーのメンテナンスは、安心安全に毎日快適にウォーターサーバーを使えるようにするために大切なことなのです。

毎日じゃなくていいメンテナンスも

先ほども紹介したとおり、ウォーターサーバーは家電と同じ。つまり、不意に故障をする場合もあります。
その時はご自身でどうにもすることはできませんよね。
そこで登場するのが、各ウォーターサーバーメーカーが用意しているメンテナンスも含まれる保証プランです。
月額など費用が発生してしまうケースがほとんどではありますが、年に1度定期メンテナンスをメーカー側が行ってくれたり、故障などの場合、無料で交換をしてくれるケースもあったりするので、レンタルを開始する前に、保証プランの内容を確認することをオススメします。

セルフメンテナンス方法

最後に毎日の中でできるウォーターサーバーのセルフメンテナンス方法について。
これはメンテナンス不要とされているウォーターサーバーにも必要なセルフメンテナンスです!
1)ウォーターボトル交換の際、濡らしたキッチンペーパーや水を含ませたスポンジで吸水口をさっと拭く
2)コック部分(蛇口)は、アルコール系スプレーを吹きかけ、乾いた布またはキッチンペーパーで拭きとり消毒を行う
3)受け皿は、水垢などで一番汚れがたまりやすいです。食器用洗剤で洗ったり、漂白剤につけ、殺菌消毒をする。1~2週間放置してしまとかなり汚れがたまってしまうので、受け皿はこまめに汚れチェックをするとより衛生的で清潔な状態を保てる。
4)プラグを抜き、コンセント部分のホコリを掃除機で掃除。その際、手が濡れていると感電する恐れがあるので注意が必要。

以上4点がセルフメンテナンスの方法です。
そこまで難しいことや、力が必要なことはありません。
口に入るお水に関わることだからこそ、日々のメンテナンスは大事なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする